スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性欲

性欲は人間の欲の中で、最も強烈で凶暴であり、人を誤らせ、悲劇へ導く、不幸の源である。愛の対象との結合は、人類・学問・芸術への奉仕と言う、人間にふさわしい目的の達成を困難にするだけである。性交が無くなれば子孫は絶えるが、現実はそうならない。それよりも、性交によって人類が増えすぎる事を心配すべきである。(トルストイ)
以上の文章を読んで、どう思われますか。皆さんの感想をお聞かせ下さい。


http://q.hatena.ne.jp/1188887566

どのように感じるかは人によって差が大きいと思いますが,強烈とか凶暴と感じる人は性欲に対して禁欲的な態度が根底にあるからそう思ってしまうのかもしれない.だって,排泄欲のほうがよっぽど強烈ですよ!

あと,セックスが学問・芸術に対する貢献の阻害要因になりえるか,という問題については,普通に考えてむしろ逆だと思います.特に文学や芸術に関してはストレートにセックスが原動力となって芸術を生み出すことが多いでしょうし,セックス絡みの充足感が学問へ向ける姿勢にプラスに作用する,あるいは逆に不満が学問へ向ける姿勢にプラスに作用することもありえると思います.「俺はどうせ女にはモテないから,世のため,人のためにこの仕事を成し遂げるぜ」 みたいに.

人間は死にたくない人が死ななくてすむような環境が整いすぎてしまっているので,子孫が絶える心配よりも増えすぎる心配をするべきなのは正しいと思う.でも,方法としては,いかに増やさないようにするか,を探るよりは,いかに増えたことによる問題を解決していけるかを探るべきだと思います.

まじめに答えちゃったよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめに読んで欲しいこと
プロフィール

Jack

Author:Jack
北海道出身,名古屋在住のSE(1980年生まれ・男)

カテゴリー
ブログ検索
過去ログ
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。